ホーム > スポンサー広告 > 藤原和博 坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと 人生の後半戦、晩節を咲かしたいホーム > 本とか > 藤原和博 坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと 人生の後半戦、晩節を咲かしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

藤原和博 坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと 人生の後半戦、晩節を咲かしたい

司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」は明治時代の日本人の心意気を爽やかに描いていて最近のテレビ放映もよかったと思います。

坂の上の雲の時代の平均寿命は今の半分くらいですから人生の坂を超えた先には引退、隠居そして死という晩節が当たり前でした。いまは人生の坂を超えてもさらに坂があります。

著者の藤原和博さんはリクルート入社したものの昇進の道を自ら絶ち自立、民間校長、橋本大阪府知事時代の特別顧問となかなかの紆余曲折です。その分魅力的です。

坂の上の坂坂の上の坂
(2011/11/22)
藤原和博

商品詳細を見る


今年55歳の私は、副題の「55歳までにやっておきたい55のこと」に惹かれて手に取りました。

自分の人生を豊かにするために考え方、自分で決めて実行することの55項目の提言です。

序章
第一章 世の中を信じる
第二章 幸せは自分の中にある
第三章 ”いい子”はもうやめる
第四章 会社を利用し尽くす
第五章 消費の作法
第六章 コミュニティをシフトする
第七章 パートナーと向き合う
第八章 死とお金を考える
第九章 本当に必要な備えをする


結構共感できるところが多くて、おっ結構できているじゃないと楽しく読めました。
耳に痛いことも当然あります。


会社員の私は定年まで5年を切りました。

会社勤めの節目にかかわりなく今から自分にとって一番大切な生き方をしなくちゃと思いました。

スポンサーサイト
[ 2012/02/25 15:42 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。