ホーム > スポンサー広告 > THE TREE OF LIFE テレンス・マリック監督作品 映像と音楽が素晴らしいです。エンディングは難解ホーム > 映画とか > THE TREE OF LIFE テレンス・マリック監督作品 映像と音楽が素晴らしいです。エンディングは難解

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

THE TREE OF LIFE テレンス・マリック監督作品 映像と音楽が素晴らしいです。エンディングは難解

予告編の美しい映像とブラッド・ピット、ショーン・ペン出演ということで
前売券を手に入れていたのですがやっと観ることができました。

The Tre of Life 監督は伝説のテレンス・マリック監督

厳格な父親(ブラッド・ピット)と美しく敬虔な母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた3人の兄弟。幸せな生活も子供たちが大きくなるのつれて確執が積み重なっていきます。成長した長男ジャック(ショーン・ペン)が思い出をさかのぼりながら過去と対面していきます。

半分以上の映像が宇宙、自然の美しさを映し出しています。そして体内のイメージも。

終盤はキリスト教世界の世界観で大団円ではありませんが精神的にはハッピーエンドかな。
とにかく映像は美しかったです。



今週は連日夜更かししました。夜更かしはいつものことですがしらふでの連日は久しぶりです。
とても眠いのと目の奥が痛いです。慣れない勉強はやっぱり疲れるようです。実際眠りが浅い。
適当に休息が必要ということで今日土曜日は名古屋のはとバスみたいなバスツアーに潜り込みます。






スポンサーサイト
[ 2011/09/17 02:17 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。