ホーム > スポンサー広告 > 高橋政史 すべての仕事を紙一枚にまとめてしまう整理術 頭のもやもやと机のごちゃごちゃと時間のぐだぐだがスッキリしますホーム > 本とか > 高橋政史 すべての仕事を紙一枚にまとめてしまう整理術 頭のもやもやと机のごちゃごちゃと時間のぐだぐだがスッキリします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高橋政史 すべての仕事を紙一枚にまとめてしまう整理術 頭のもやもやと机のごちゃごちゃと時間のぐだぐだがスッキリします

ロジカルシンキングの本ですが切り口を、
頭の中の整理、机資料の上の整理、時間の整理にまとめてあります。

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術
(2011/04/13)
高橋 政史

商品詳細を見る
 クロスメディア・パブリッシング発行 \1450

限られた時間で必要なことを効率よくまとめる考え方、手法、スキルの磨き方がケーススタディを通して紹介してくれます。切り口がほかの類似本と異なり新鮮です。わかりやすいのでキラーリーディングでなくとも短時間で読みぬけることができます。

第0章 紙一枚で整理するとはどういうことなのか
第1章 思考力・仮説力を磨き上げるSの付箋
第2章 インプット・アウトプットの効率を劇的に高める16分割メモ
第3章 本を一冊15分で読むキラー・リーディング
第4章 いらないものをシンプルに捨てる1枚引き継ぎマップ
第5章 会議時間を半分にするマッピング・コミュニケーション
第6章 言いたいことが誰にでも伝わる3つの型と1・2・3マップ
第7章 どんな相手も納得させる物語プレゼンテーション


頭の中は必要なことだけに集中する単純さ
机資料も余計なものを切り捨てる単純さ
時間もあしもとの必要なこと以外にはかけない単純さ

会社の机の上も何にもないのが大好きです。




新しいことを初めて時間がないかなあとの心配は無用でした。
新しいことを始めるために止めたのはテレビをつけないことだけです。
新しいことをする時間は通勤往復40分、ランチタイム20分、夜1~3時間。計2~4時間に細切れ時間を足せば結構まとまった時間が作れることを再認識。

いまは虫の音が聞こえてきてゆったりと時間が流れて行く感覚です。

スポンサーサイト
[ 2011/09/15 22:15 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。