池上永一 テンペスト BSドラマも佳境ですが原作の痛快波瀾万丈が好きです ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 池上永一 テンペスト BSドラマも佳境ですが原作の痛快波瀾万丈が好きですホーム > 本とか > 池上永一 テンペスト BSドラマも佳境ですが原作の痛快波瀾万丈が好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

池上永一 テンペスト BSドラマも佳境ですが原作の痛快波瀾万丈が好きです

テンペストとは大嵐のことですがこちらは19世紀の琉球が舞台の物語。

テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)
(2010/08/25)
池上 永一

商品詳細を見る


主人公真鶴は女性でありながら男性宦官を装い13歳の若さで難関の科試を突破し首里城に上がります。
題名の通りここから上がったり下がったり、女に戻ったり男として復帰したりしまいに昼と夜で・・・

テレビの方は主人公役の仲間由紀恵さんと聞得大君役の高岡早紀さんは違和感なくはまり役です。

そのほかは小説原作の方が妙に艶めかしくどきどきするのでおすすめ。漢字が不得意な人には苦痛かもしれませんが。主人公が言語の天才であるという設定から仕方がありませんのでここは我慢です。

小説は秀作ですがドラマのエンディングがどうなるか楽しみです。




学生時代、沖縄を旅しましたが女性に疎かった私でも琉球の女性の匂い立つような魅力に吸い込まれた思い出があります。あれはなんなんだったんだろう。


スポンサーサイト
[ 2011/08/25 23:58 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。