ホーム > スポンサー広告 > LE CONCERT オーケストラ 劇場で見逃した映画を早速ビデオで観ました。最後の演奏シーンは感動の涙です。4回も観てしまいました。ホーム > 映画とか > LE CONCERT オーケストラ 劇場で見逃した映画を早速ビデオで観ました。最後の演奏シーンは感動の涙です。4回も観てしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LE CONCERT オーケストラ 劇場で見逃した映画を早速ビデオで観ました。最後の演奏シーンは感動の涙です。4回も観てしまいました。

フランス映画といっても半分以上がロシア語の会話です。

清掃夫に身を落とさせざるを得なかった天才演奏家がふとしたことから30年前のメンバーとともにパリのシャトレ劇場で復活するというありえない話です。

ですが音楽は何でもかなえると信じさせてくれるような感動作です。

メラニーロランの演奏です 母子の二役をこなすメラニー・ロラン

ありえないような最初のコメディタッチの始まりも次第に明らかにされるロシアの時代背景がバランスよく引き締めてくれます。30年の時代を超えた感動作ですがこちらのボレロにたいして今回はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲です。



フランスで最初の公開で「THIS IS IT」を越えたのもよく判ります。笑いながら泣いてしまいました。



レンタルビデオで楽しみましたがもっときれいな映像と音楽を楽しみたかったので。

オーケストラ ブルーレイ ブルーレイで出ていることを知り買っちゃいました。

きれいな画質と音源がすばらしい。


スポンサーサイト
[ 2011/01/22 23:33 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。