自然調味料「煎り酒」に挑戦 薄醤油と同じように使えます ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 自然調味料「煎り酒」に挑戦 薄醤油と同じように使えますホーム > アテ > 自然調味料「煎り酒」に挑戦 薄醤油と同じように使えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自然調味料「煎り酒」に挑戦 薄醤油と同じように使えます

煎り酒に挑戦 煎り酒を煮詰める途中です。

醤油と同じように古来調味料として知られる”煎り酒”。和田はつ子さんの小説に出てきたので作り方を調べて挑戦です。予め純米酒(いくらでもあります)に昆布を浸して半日ほっときます。そのあと取り出して鰹節の荒削りと塩だけでつけた梅干を入れて煮詰めます。

味わいは薄口醤油の感覚です。塩分は梅干の塩だけですので醤油の十分の一です。薄口醤油と組み合わせればつけるだけでなく料理の隠し味に使えそうです。

カツオのお刺身の醤油代わりに使ってみました 醤油代わりに使ってみました。

昨日名古屋に出ていたのですが名鉄地下の魚屋さんでカツオが1/4の捨て値で売られていたので炙ってたたきにしました。煎り酒は肴の旨みを引き出してくれます。




今日も出汁巻き卵にあわせてみましたが淡い味わいが素敵でした。



スポンサーサイト
[ 2010/11/29 23:50 ] アテ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。