高田郁 今朝の春 みをつくし料理帖 シリーズ第四弾がやっと出ました ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 高田郁 今朝の春 みをつくし料理帖 シリーズ第四弾がやっと出ましたホーム > 本とか > 高田郁 今朝の春 みをつくし料理帖 シリーズ第四弾がやっと出ました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高田郁 今朝の春 みをつくし料理帖 シリーズ第四弾がやっと出ました

本は結構、積読が多いのですが手に入れたらそのまま一気に読んでしまうのが高田郁さんの人情時代劇です。

今朝の春 涙はコンコンの第4作目がやっと出ました。AMAZONにも画像なしです。 高田郁 角川ハルキ文庫 (2010/9/18) \619

主人公、澪の料理にかける一途な生き様です。みをつくし料理帖の4作目です。

ひそかに心寄せる小松原の正体が明らかとなるなか幼馴染、吉原のあさひ太夫の生い立ちが戯曲であからさまになることに。あさひ太夫こと幼馴染、野江のために澪の取った行動は・・・


最後の情景がやさしくやわらかいです。

 もう届かない男の背中へ、そっと豆を投げる仕草をして、小さな声で繰り返す。
 福はうち
 福はうち
 浅い春に思いびとの幸せを祈って、澪は繰り返す。福はうち、福はうち、と。


このシリーズ、巻末に物語に出てくる料理のレシピが出てきます。今回は
ははきぎ飯 とんぶりご飯です。とんぶりはほうきの実で秋田の名産ですね。
里の白雪(蕪蒸し)
ひょっとこ温寿司
寒鰆の昆布締め

今日書店で見つけて一気に読んでしまいました。高田郁さんの本は次回作を待つ時間が長いです~。


この原作のテレビ版はいずれ出そうですが楽しみです。
下がり眉の主人公は誰が演ずるんだろう。





スポンサーサイト
[ 2010/09/22 23:10 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。