おくりびと第二章 小山薫堂原作 あの映画感動作の7年後の物語 舞台劇の脚本小説です ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > おくりびと第二章 小山薫堂原作 あの映画感動作の7年後の物語 舞台劇の脚本小説ですホーム > 本とか > おくりびと第二章 小山薫堂原作 あの映画感動作の7年後の物語 舞台劇の脚本小説です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おくりびと第二章 小山薫堂原作 あの映画感動作の7年後の物語 舞台劇の脚本小説です

おくりびと 第二章 (小学館文庫)おくりびと 第二章 (小学館文庫)
(2010/05/07)
白戸 ふみか小山 薫堂 原作

商品詳細を見る


映画のおくりびとは2008年の感動作でした。本木雅弘さんの動きは感動的ですらありました。

その映画のシチュエーションの7年後。大吾、妻の美香、息子哲士の三人に思いも寄らない出来事が。

「死」という一見重いテーマを題材にしながら大事なのは生きている人々のつながりだということを気づかさせてくれます。今年、春の舞台劇の脚本を小説にしてくれました。



舞台は中村勘太郎さんと田中麗奈さんです。配役は若手になりました。





余貴美子さんが居ないのが寂しい~。  (そうだ 余 きみこ!) なんちゃって。



スポンサーサイト
[ 2010/08/25 23:40 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。