今度は愛妻家  豊川悦司×薬師丸ひろ子観終わった後の余韻が胸に残ります ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 今度は愛妻家  豊川悦司×薬師丸ひろ子観終わった後の余韻が胸に残りますホーム > 映画とか > 今度は愛妻家  豊川悦司×薬師丸ひろ子観終わった後の余韻が胸に残ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今度は愛妻家  豊川悦司×薬師丸ひろ子観終わった後の余韻が胸に残ります

同名の舞台作の映画化です。

今度は愛妻家 演じるは薬師丸ひろ子×豊川悦司


この映画は細かな心の葛藤を主人公2人が演じているので禁じ手ではありますが最後の結末を知って途中を見るほうがより深く理解できます。男の立場としては後悔と悲しみです。タイトルは「今度」があったらの意味でしょうか。失ってから初めて気づく、日常のささやかな幸せがそこにありました。

「本当の大切さ」とは何かを改めて気づかせてくれます。

観終わった後は寂しさで胸がぽっかりとした感じとなんかさわやかな感動が一緒に来ました。

石橋蓮司のオカマは秀逸です。




スポンサーサイト
[ 2010/02/09 00:20 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。