スクルージがジェットコースターで帰ってきた ディズニーのクリスマスキャロル ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > スクルージがジェットコースターで帰ってきた ディズニーのクリスマスキャロルホーム > 映画とか > スクルージがジェットコースターで帰ってきた ディズニーのクリスマスキャロル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スクルージがジェットコースターで帰ってきた ディズニーのクリスマスキャロル

未来は変えられる。思い立ったそのときから。

今日は映画の日。そこでちょっと足を伸ばして四日市の109シネマズまで行ってきました。
109シネマズ四日市 近鉄四日市駅前のアピタ6階にあります。

マイカル桑名のワーナーの方が近いのですが、初めてということで会社が終わってから行きました。
駅前なのですが駐車場が映画を見ると6時間無料!と破格の待遇です。それと駅前なのでお店がいっぱい。
車だとお酒はダメですが大好きなスタバもあるしアピタ全店でエディが使えるし4階に大きな本屋さんもあるし。
名古屋は離れましたがまた別な場所でつぼにはまるところを見つけました。
時間的にも桑名に出るのとあまり変わらないです。

観た映画は
ディズニーのクリスマスキャロル スクルージはジムキャリーです

ディズニーのクリスマスキャロルです。チャールズ・ディケンズの原作は何度も読み返した本なのでストーリィは承知。演ずるのがジム・キャリーということで注目。クリスマスイブの夜に金の亡者スクルージが3人のクリスマスの精霊にあって最悪のプレゼントを・・・

この映画の前半、非常に生々しく観ている自分の息の音が聞こえるようなつくりがすばらしいです。精霊が現れてからの後半はびっくりドッキリの止まらないジェットコースターです。脚本・監督はあのロバート・ゼメキスです。
2012では地面が抜けましたがこの映画は床がどんどん抜けます。高所恐怖症の方は要注意です。

最後は原作どおりの大団円。ジムキャリー最高です。7役やってるし。

ぜひ3Dで観ることをおすすめします。



スポンサーサイト
[ 2009/12/01 23:33 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。