映画 風が強く吹いている 箱根駅伝を目指す寄せ集め10人の奇跡 ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 映画 風が強く吹いている 箱根駅伝を目指す寄せ集め10人の奇跡ホーム > 映画とか > 映画 風が強く吹いている 箱根駅伝を目指す寄せ集め10人の奇跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 風が強く吹いている 箱根駅伝を目指す寄せ集め10人の奇跡

明け方、土手を走る林遣都君の後姿は心が揺さぶられるフォームです。

箱根駅伝を目指す寛政大の10人の物語が映画になりました。

風が強く吹いているカケルとハイジ 寛政大の10人

原作の雰囲気を忠実に再現どころかランナーとしてまったく違和感ありません。カケル役の林遣都くんは美しささえ感じます。

練習シーンを見ているとめちゃめちゃモチベーションがアップします。

レースシーンはドキュメンタリーのようです。最後、ゴールのシーンで主人公の小出恵介さんがたすきをつなぐようにゴールしたのが感動的でした。選手生命をかけた最後のレースのゴールさえ、たすきをつなぐことでした。

走ることが好きな人におすすめです。

スポンサーサイト
[ 2009/11/03 23:50 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。