名古屋商科大学ビジネス公開講座 医薬品開発のアウトソースビジネスと人材 ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 名古屋商科大学ビジネス公開講座 医薬品開発のアウトソースビジネスと人材ホーム > お勉強 > 名古屋商科大学ビジネス公開講座 医薬品開発のアウトソースビジネスと人材

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名古屋商科大学ビジネス公開講座 医薬品開発のアウトソースビジネスと人材

名古屋勤務ならではのメリットでオフィスの近くにビジネススクールがあります。そこの公開講座秋期2回目の開催です。

名商大秋第2回公開講座 講師はシミック社若井氏

今回の講師は前回のアサヒビール瀬戸相談役と趣が一転して多彩な経歴を持つ講師と講師が働くあまりなじみのない医薬品開発業界の紹介です。

講師は若井正雄氏。医薬品開発のアウトソース、医薬品製造受託、医薬品営業支援の会社であるシミックの社長室長です。コンペチター含めてこの業界の会社の名前はまったく知りませんでした。
まったく知らなかった業界の話でしたが逆にめちゃめちゃ面白く、また参考になりました。医薬品の開発は製薬会社だけが行うものでなく臨床試験のバックアップも含めてアウトソースが進んでいることを初めて知りました。IR情報にもなりました。

講師はもともと銀行員。海外に行きたくて外務省に出向。海外勤務の傍ら現地でのさまざまな経験をしみずほ銀行統合時には統合業務。一時ライオンにも出向しメーカーの広報も行う。最終的に過去の経験を買われてシミック株式会社の現職に引き抜かれ講演会の講師も勤めているという話題の多彩な方です。

波乱万丈の経歴も積み重ねて今の仕事に役立てている姿に感銘を受けました。




スポンサーサイト
[ 2009/10/14 23:26 ] お勉強 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。