「ランナー」 あさのあつこ タイトルに惹かれて読んじゃいました ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 「ランナー」 あさのあつこ タイトルに惹かれて読んじゃいましたホーム > 本とか > 「ランナー」 あさのあつこ タイトルに惹かれて読んじゃいました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ランナー」 あさのあつこ タイトルに惹かれて読んじゃいました

本屋さんで読みたい本を物色するのも楽しみの一つです。

タイトルに惹かれてあさのあつこさんの本を買いました。「バッテリー」の名前こそ知っていたのですがあさのさんの著作は始めてです。走る人なら誰でも期待するところがはぐらかされます。面白いのですが青春小説としては前半の重苦しさは読むのに大変。さわやかさを期待して読み出すと主人公の心の葛藤で読むのに心が痛いほどの展開です。

ランナーランナー
(2007/06)
あさの あつこ

商品詳細を見る
 幻冬舎 (2007/6/25) \1470

とくに幼い妹と母親の関係の描写は痛々しくてはらはらです。救いは先輩の杏子マネージャーと友人の久遠の存在。ホッとします。ここまで追い込むならもっとつっこんが展開があっても良かったような。

この物語に出てくる人たちの名前が難しすぎ。主人公は加納碧季(あおい)、妹は杏樹(あんじゅ)だし監督は箕月(みつき)、友人は久遠(くどう)と読みます。何度、読み仮名を見返したことか。

この物語では本当に走り始めようとするのはエンディングでした。 ん~。

スポンサーサイト
[ 2009/08/04 23:35 ] 本とか | TB(1) | CM(2)
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
[ 2010/09/24 14:06 ] [ 編集 ]
ご来店ありがとうございます。
トラックバックありがとうございました。
[ 2010/09/25 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://marushige.blog39.fc2.com/tb.php/308-1fa2b816

長距離走者として将来を嘱望された高校一年生の加納碧李(あおい)は、複雑な境遇の妹を案じ、陸上部を退部することを決意した。だがそれは...
[2010/09/24 13:54] 粋な提案

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。