「おと・な・り」 聡と七緒の恋がはじまるまでの物語 熊澤尚人監督は名古屋出身 ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 「おと・な・り」 聡と七緒の恋がはじまるまでの物語 熊澤尚人監督は名古屋出身ホーム > 映画とか > 「おと・な・り」 聡と七緒の恋がはじまるまでの物語 熊澤尚人監督は名古屋出身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「おと・な・り」 聡と七緒の恋がはじまるまでの物語 熊澤尚人監督は名古屋出身

二日続けて映画の話題。

7月24日から名古屋シネマフェスティバル2009が伏見ミリオン座、名古屋テレビ塔等で開催されます。そのオープニングプログラムがこれ。

oto おと・な・り

入場無料ですが往復はがきを事務局に出して抽選です。会場は名古屋市公会堂。ゲストは名古屋市出身の熊澤監督そのひとです。残念、24日当日私は富士登山です。ま、観たから良しとして。

(ここからちょっとネタばれ)

この映画、お互いを本当に意識して対面するのはエンドロール前の最後の一瞬です。それまでお互いのバックグラウンドが丁寧に描かれます。まわりのバイキャラクターとの踏み込んだ複線も物語をさらに深みのあるものとしています。脚本のまなべゆきこさんすてきです。

タイトルからして音が前面に出てくるのですが一つ一つの周りの音の感じが心地よいものでした。
ハッピーエンドですがその後のことは流れるエンドロールの会話のでしか紹介されないのはなかなかの演出です。

主役の岡田准一さんはいい男当たり前としてヒロインの麻生久美子さんは「インスタント沼」「ウルトラミラクルラブストーリー」を見た後だけにやっとまともな役?でした。30歳等身大の女性を演じてますがCM,グラビアアイドル時代の素顔の美しさもちゃんと演出されていました。彼女は今後の活躍に期待です。



近所にいい練習場所を見つけました。一周870mで直線390mの登り40mがあります。登りのインターバル練習に最適です。何故ここ気がつかなかったんだろう。今日は7周しました。




スポンサーサイト
[ 2009/06/23 22:38 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。