大前研一、船川淳志 グローバルリーダーの条件 まず踏み出せ ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 大前研一、船川淳志 グローバルリーダーの条件 まず踏み出せホーム > 本とか > 大前研一、船川淳志 グローバルリーダーの条件 まず踏み出せ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大前研一、船川淳志 グローバルリーダーの条件 まず踏み出せ

こんどの日曜日、TOEICの試験日なのですが新型インフルエンザ対応のメールが来た。
要約すると、無理して会場に来るなと。申告すれば、代替試験もしくは後日お金を返してくれるというものでした。

さて今日は本の話題。ビジネスも金融もボーダレスの時代ですが日本人はいまだ真のグローバルリーダーが少ないといわれています。それに言及した本です。

グローバルリーダーの条件グローバルリーダーの条件
(2009/04/21)
大前 研一 船川 淳志

商品詳細を見る


大前研一さんは年を召されても第一線のオピーニオンリーダーですがその大前さんとグローバル人材育成のコンサルタント船川淳志さんの対談共著。
船川さんはNHKのビジネス英会話の講師も務めたこともある方で著作も面白く読ませてもらっています。好きな著者が共著ということで発売直後購入しました。

世界の国境が無くなったビジネスシーンで、現在の日本に最も不足している人材、それがグローバルリーダーです。しかし、「世界」と聞くと、英語が話せない、素質がないからと、最初から諦めてしまう人がいます。しかし、それは違う。と著者は言っています。

「その答えは『先天的なもの』ではない。また帰国子女とか、海外で生まれ育っているとか、アメリカンスクールにいった、というような問題ではない」

世界と相対できる人材になるため必要なのは、「まず、第一歩を踏み出す」ことなのだと。

モチベーションがあがるにいい本だと思います。




スポンサーサイト
[ 2009/05/26 22:36 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。