世界標準のプロフェッショナルマインド ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 世界標準のプロフェッショナルマインドホーム > TOEIC > 世界標準のプロフェッショナルマインド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界標準のプロフェッショナルマインド

50の手習いということでTOEIC試験で英語の再勉強を始めて1年と4ヶ月。

試験の申込や結果の確認はホームページから出来ますがこの中身、いろいろな講座があって面白い。

目からうろこの記事だったのはビジネスコンサルタントの布留川勝先生のもの。

以下要約

グローバルビジネスの世界で活躍している人たちには、
国籍を問わず共通の心構え・意識の枠組がある。
英語の巧拙よりもこの心構え・意識の枠組みが重要

POINT1 当事者意識
 「私がやります」と即座にいえるか
POINT2 目的意識を明確に 
「今一体、何をしなければならないのか」 目的、目標、成果を常に考える
POINT3 失敗を恐れない
 「試行力」 失敗するリスクより行動しないリスクのほうが高い
POINT4 オープンマインドであれ
 異なる価値観を受け入れる、柔軟に対応する
POINT5 誠実であること
 「有言実行」 発言と実行、指針と実績が一体になっている

英語の実力も大事ですがこれら5つの心構え・意識をスキルとして
トレーニングすることがもっと大事

布留川さんは本も出していますが考え方が新鮮で面白いです。

 
スポンサーサイト
[ 2009/02/11 23:40 ] TOEIC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。