名古屋の信号事情 ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 名古屋の信号事情ホーム > 近況 > 名古屋の信号事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名古屋の信号事情

スパイラルタワー モード学園・スパイラルタワーズ in Nagoya

赤信号、みんなで渡れば怖くない。

ヘムとホーはこれには反対です。

名古屋の人は、信号が赤でも平気で横断歩道を渡っちゃいます。大通りはさすがに車が頻繁に走っているので無理ですが、小さい信号は平気で渡ります。それも何の躊躇も無く。ヘムとホー一人が赤信号をじっと待っていてこともしょっちゅうです。

最初びっくりしたのですがよ~く観察すると事情があります。名古屋中心部は東西に大きな通りが何本もあるのですがそれに対して南北には大きな通りは数えるしかなく無数の小さな通りがあります。
したがって南北に抜ける道は小道でも結構交通量があります。このため信号が多く、小さな信号でも結構長かったりします。必然的に急ぐと信号の赤を無視することになります。

「自己責任で」は大阪も一緒と聞いていますしマレーシアもそうでした。がコレには気になることがあります。気をつければそれはそれで問題ないはずですが毎回やると人間、慣れてきます。これが怖い。

それと面白いもので自分が無理しても相手は守っていると思っていること。車の人も無理して交差点に突っ込むと出会いがしらで事故になります。名古屋勤務1年半ですが目の前で3回事故を見ちゃいました。今日も目の前の人が車に接触しそうになりました。

常に新鮮な気持ち、行動を取るためにもヘムとホーは信号を守ります。子供も見てるしね!

スポンサーサイト
[ 2009/01/28 23:39 ] 近況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。