ホーム > スポンサー広告 > Les Miserables レ・ミゼラブル ミュージカルの映画化ですけど素直に感動 最後泣いちゃいましたホーム > 映画とか > Les Miserables レ・ミゼラブル ミュージカルの映画化ですけど素直に感動 最後泣いちゃいました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Les Miserables レ・ミゼラブル ミュージカルの映画化ですけど素直に感動 最後泣いちゃいました

お正月のお休みに見た映画はこの一本。

Les Miserable movie ミュージカル レ・ミゼラブルの映画版です。

そんなに期待はしていなかったのですが、舞台同様泣かせてくれます。

細かな伏線は舞台より原作に近い感じです。

アン・ハサウェイ扮するフォンテーヌが歌う「夢やぶれて」は髪を切られ、歯を売り、娼婦に身を落したときに絶望の中で歌われます。口パクではなく最初から最後までドアップで通しで歌い切ります。髪を切るシーンは本当に本人の髪だったそう。確か結婚前だったはず。

ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、悪役ジャベール役のラッセル・クロウ。ともに最近の映画で主役を張る人気俳優ですが歌もまた迫力ありです。ラッセル・クロウの歌のシーンは高所恐怖症の方にはおすすめかな?最初から最後の伏線を張っているし。

良かったのは子役カブローシュ。自ら進んでバリケード前で命を散らしますが横たえられた彼の死体に、ジャベールは自分の勲章を付けてあげるのです。悪役ジャベールはこのときすでにジャン・バルジャンから助けられたことで心に葛藤が生じていたことを行動で表現して見せました。

ミュージカルの映画化だけあって歌のシーンはいろいろ楽しませてくれます。




あれもこれも期待できないところが映画のつらいところですがブルーレイでロングバージョンがでたらきっと買っちゃいそうです。

もう一回観に行こうかな。





 
スポンサーサイト
[ 2013/01/08 21:17 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。