佐伯本の4つ目のシリーズに入りました 鎌倉河岸捕物控  ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > スポンサー広告 > 佐伯本の4つ目のシリーズに入りました 鎌倉河岸捕物控 ホーム > 本とか > 佐伯本の4つ目のシリーズに入りました 鎌倉河岸捕物控 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

佐伯本の4つ目のシリーズに入りました 鎌倉河岸捕物控 

酔いどれ小籐次も出た本を読み尽くしたので鎌倉河岸捕り物控を読み始めました。

橘花の仇―鎌倉河岸捕物控〈1の巻〉 (ハルキ文庫 時代小説文庫)橘花の仇―鎌倉河岸捕物控〈1の巻〉 (ハルキ文庫 時代小説文庫)
(2008/05/15)
佐伯 泰英

商品詳細を見る


NHKの土曜時代劇「まっつぐ~」にもなった原作です。

これまでの剣客ものと違って4人の若者、しほ、政次、亮吉、彦四郎と金座裏の岡っ引き宋五郎親分はじめ下町の魅力あふれる人たちの交流と事件を描いています。

ストーリィが主旋律と副旋律を織り交ぜて進むので結構読みごたえがあります。

現在第4巻。当分楽しめます。




NHK土曜時代劇「まっつぐ」はNHKオンデマンドでは配信されていません。
どうしても観たかったのでDMMから配達してもらって観ています。

宋五郎の松平健がいいなあ。


スポンサーサイト
[ 2012/09/14 21:03 ] 本とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。