映画とか ヘムとホーのエクササイズ日記

私の夢は80歳過ぎまで運動し続けることです。体と頭のつれづれ練習日記です。

ホーム > カテゴリー - 映画とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

永遠の0 Movie観ました。 原作同様の感動です。岡田准一さんとわき役陣が素晴らしい

原作本は静かな感動でした。その映画化です。

永遠の0と太平山きもと純米神月 観終わって秋田のお酒太平山をいただきます。

今日は朝からとっても寒くて小雨交じりでした。頼んであった自転車が届いていると連絡があったので
車で取りに行きました。サイクルメータやアタッチメントの付属品をつけてもらう間、時間があったの
でこの映画を観ることに。

軍人ながら命を惜しみ家族のために絶対死ねない。臆病者と呼ばれながら、なぜ最後は特攻を志願した
のか。その謎が生きて残された人たちの行動、言動に段々と明かされていきます。

宮部久蔵役の岡田准一さん、この映画が遺作となった夏八木勲さん、田中泯さん、橋爪功さんほか現代
の脇役人と若き日の脇役陣が素晴らしい。

三浦春馬さんのエンディングがもう少し何とかならなかったのかなあ。




車で行ったのでビールはお預け。でもモールの酒屋で秋田の太平山を見つけました。懐かしかったので
即購入。白神山水使用のきもと純米「神月」杜氏、猿田修 隠し酒とあります。

ぬる間がおいしい。明日は新車の自転車三昧です。









スポンサーサイト
[ 2013/12/21 21:31 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)

イオンシネマ東員の試写会のイベントはボージョレ・ヌーボー解禁でした。車だったのでとほほ

近所にとってもでっかいショッピングモールができました。イオンモール東員です。

中に入っているシネコンの試写会に申し込んだら当たったので早速、仕事の後に立ち寄りました。
映画は『すべては君に逢えたから』、クリスマスの夜に向けて6つのストーリィが展開される心暖かな
素晴らしい映画でした。

試写会の前に気になったのは、始まりの時間が夜、9時50分と遅いこと。あれ?これじゃあ、終わり
が0時近くになっちゃうし、案内では終わった後、ささやかなイベントがあるとのこと。遅くなっちゃ
うなあと思っていたら、なんとイベントはサプライズのボージョレのふるまい酒でした。

え~! ここ夜は車でないとちょっと不便な場所なのに~と心の中で嘆いても車で来ているので飲めま
せん。悔しいのでアパートの前のコンビニでボージョレをゲット。予約していませんでしたが馴染みの
店長さんの奥様が予約値段でいいよってやさしいがうれしいです。

試写会とボージョレ 映画のパンフレットとボージョレ・ヌーボー

一足先にクリスマスが来たような夜でした。



[ 2013/11/21 01:18 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)

歌舞伎千穐楽 錦秋名古屋顔見世の最終日の夜の部を観ました

名古屋歌舞伎の最終日、夜の部に行ってきました。

夜の部の演題は西郷どんと七変化 夜の部は西郷と豚姫とお染久松色読売

お染の七役を中村福助が演じます。

会場の市民会館 会場は御園座ではなく市民会館

千穐楽は奮発して特別席をお願いしたら最前列でした。

今日の席は花道そばの最前列 席は最前列、花道から2席目。

七変化は生で初めて観ましたがすごいです。傘の中で衣装が入れ替わるのと籠の中でちょっとだけ見える着物が揺れることなく入れ替わるのが目の前でわかりませんでした。

奈落です 奈落の入り口です。結構小さいです。

最前列で観ていると早変わりの後舞台裏を全力で走っている足音が聞こえるのが新鮮でした。

来春の福助さんの歌右衛門七代目襲名前に観れたことが感激でした。




やっぱり本物はすごいです。



[ 2013/10/31 22:10 ] 映画とか | TB(0) | CM(2)

お富~ひさしぶりだなぁ~ 名古屋歌舞伎 錦秋名古屋顔見世 橋之助さん最高です

名古屋の御園座が再開発となりました。

で、歌舞伎がどうなるのかなあとNTK市民会館で顔見世、昼の部を観てきました。

2013今年の会場はNTKホールです 錦秋名古屋顔見世昼の部2013

今回は開演前に見どころ解説ということで名古屋若鯱カブキクラブの解説にも参加。

第八回若シャチクラブです 歌舞伎ソムリエのおくださん

本番は撮影不可なので若鯱カブキクラブの歌舞伎ソムリエのおくださんの写真です。

本編は
1.鳴神   中村橋之助、中村扇雀
2.鷺娘   中村福助
3.与話情浮名横櫛 橋之助、福助他

実際、生で観るのは初めてでしたが、最初とろとろ、途中食い入り、最後は身を乗り出しての観劇でした。
いや~鳴神は荒事の醍醐味、鷺娘は踊りと衣装変化の素晴らしさ、そして与三郎とお富の世話ものはなんとも。

感激でした。

舞台は生がいいとは思っていますが歌舞伎の生は今回が最初。





名古屋の千穐楽の夜の部、予約しちゃいました。最前列の花道から2番目。いい席です。




[ 2013/10/06 22:41 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)

映画 真夏の方程式 海がとってもきれいですがエンディングはほろ苦くて切ないです

東野圭吾さんのガリレオシリーズは本で読んでいないので、福山雅治さんの湯川学をテレビと映画で堪能しています。ストーリィも解らずにこの映画を観ました。

真夏の方程式 忘れるな。君は一人じゃない。

テレビのシーズン2が終わって、あのノリの感覚で見始めましたが。

全然違う・・・

杏さん演じる成美の泳ぐ海がとってもきれいで引き込まれます。
一番印象に残るのは少年と湯川学が海で淡々とロケットを上げる実験を続けるシーンです。

この楽しい思い出が少年のこれからの生き様の支えになるのでしょうか。思い起こせば、湯川学がこの少年にジンマシンが出なかったのは、いずれ少年が若くして大人のような心の重荷をもって生きていかなければいけない前振りでした。

幼いときの少女成美の心の葛藤を少年はこれからの生き方で同じ葛藤をしていくんですね。支えるのは楽しいほうの夏の思い出と成美です。

切ないです。




この映画では吉高由里子さんの存在感が薄い? さっぱりわからん。

[ 2013/07/02 21:05 ] 映画とか | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。